坐骨神経痛について

2003.05.27 放送より

 お葉書拝見させていただきました.この1月の豪雪以来、ここ半年近く左側の腰から足先のあたりまで鈍痛とだるさが続いておられ、それが寒さや悪天候あるいは夕方になると悪化するとのことです.このままでは痛みがさらにひどくなり、歩けなくなるのではとご心配されているようです.どのような病気で今後どのようになるのかあるいはどの様にすればよいかとのご質問です.

 以前にこのラジオの相談で43歳男性の方から朝に強い腰痛のご相談があり、その時には腰部椎間板ヘルニアや筋肉性腰痛症(いわゆるぎっくり腰)など腰痛の原因となる疾患をいくつかご紹介いたしました.今回のご相談ではその時の病気と一部重なりますが、この方の病状は痛みとだるさが腰から足にかけてということで、坐骨神経痛が最も疑われます.この坐骨神経痛という病名は頭痛や腹痛などといったいわゆる症状名であり、その原因となる疾患にはいろいろあります.それらの疾患は後でお話しするとして、とりあえず坐骨神経について少し解説いたします.

 そもそも腰は腰椎と呼ばれる5個の背骨からなり、椎体と呼ばれる部分で支えられています.そして、以前にお話いたしましたようにそれぞれの椎体の間には椎間板と呼ばれる座布団の役目を果たす組織があります.そして腰椎は前縦靭帯・後縦靭帯といったさまざまな靱帯や傍脊柱筋や腸腰筋などの筋肉で支えられております.また椎体の後ろには脊髄が走っており、脊髄からは椎体と椎体の隙間を通って脊髄神経が末梢に向かって枝分かれしております.坐骨神経はこの中の腰椎の4・5番目の神経と仙骨(お尻の真ん中の骨)の前面から出る神経の束が合わさり、大殿筋(お尻の筋)の下から大腿の後ろを通り、膝の裏の上(大腿の下3分の1の高さ)で前後に分かれて走行しています.この走行中、様々な場所で様々な疾患によりこの神経が圧迫されますとその神経の走行に従って、すなわち腰から臀部、大腿後面、下腿外側および後側から足の外側へと痛みが走るのが坐骨神経痛であります.坐骨神経痛かどうか簡便に調べる方法として、ラセーグ徴候という検査法があります.

 これは、背臥位で膝を伸ばしたまま大腿を受動的に腹部側へ屈曲させてゆきますと通常は70度くらいまでは痛くないのですが、それ以下で腰から足にかけての痛みが再現されたら坐骨神経痛の可能性が高いというものです.この検査は、股関節痛などでも陽性になることがありますが、先ほどからお話ししてきたように坐骨神経は足の背面を通っているためこのように膝を伸ばしたまま腹側に向かって曲げてゆきますと引っ張られて痛みが増すという理屈です.

 それでは次に坐骨神経痛をきたす疾患についてお話しします.これには大きく分けて腰椎性(根性)坐骨神経痛と梨状筋性坐骨神経痛というものがあります.前者には、腰部椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎分離辷り(すべり)症など腰椎および椎間板の疾患があります.腰椎の関節、靭帯、筋肉などに異常があり、神経を圧迫している状態です.このうち最も多いのが腰部椎間板ヘルニアで、約80%を占めており、比較的若い年代(青、壮年期)の男性に多いのが特徴です.一方、後者の梨状筋性坐骨神経痛というのは、臀部にある梨状筋という筋肉が収縮、もしくはたるんで、坐骨神経を圧迫している状態です.梨状筋は仙骨から始まり、足の付け根に付いており、股関節を外旋(足先を外に向ける)させる働きがあります.この筋が炎症もしくは過度の緊張状態になるとその下を通る坐骨神経を圧迫して神経の走行に沿って痛みが放散するわけです.

 腰椎性(根性)坐骨神経痛の場合、坐骨神経に対する明らかな圧迫があれば、それぞれの原因に対する治療、例えば腰部椎間板ヘルニアでは、まずは安静が1番でこれに消炎剤などの薬物療法や牽引なども必要により併用します.そういった保存的療法では難しい時には手術療法も適応になります.また普段の生活から気をつけることといたしましては、腰に負担が掛かる姿勢を長時間とらないよう心がけることが1番です.仕事上でどうしても腰に負担がかかる人は、コルセット又は幅の広めのベルトなどで保護したり、重いものを持ち上げる時には中腰にならないなど体勢に充分気をつけることも大切です.さらに椅子、机やベッドなどを適切なものに交換すると良い場合もあります.また普段から腰痛体操で腹筋や背筋を鍛えたり、寝る前やお風呂あがりなどにストレッチをして柔軟性を保つことも有用と思われます.また体重増加にも注意が必要です.それでも疲労が溜まってきたと思ったらマッサ-ジや温熱療法などで疲れを取り除くことも有効です.

 ご質問の方の年齢や性別などが分かりませんので残念ながら病気を特定するところまではいきませんが、神経痛はそもそも寒い時に増悪いたしますので、今のうちに適切な処置を受けられることをお勧めしたいと思います.

戻る

タグ:

JRTラジオ 健康相談あなたの診察室

ピックアップ
ソフト食
認知症検査「DTナビ」
自動車運転シミュレーター

いちえ会関連施設

アクセス

ページの上部へ