経鼻内視鏡検査

■検査目的
鼻から細い管を入れ、食道、胃、十二指腸を診て病気を発見し、病気の程度を知ることができる検査です。

【適応対象患者さんについて】
★経口内視鏡で苦痛があり、十分な検査が行えない方
★スクリーニング目的で希望される方
★その他、希望者で経鼻ルートがリスクがより少ないと思われる方

【避けることが望ましい方】
★鼻中隔弯曲(鼻中隔(鼻を左右に隔てている仕切り板)が左右どちらかにひどく曲がっている状態)、蓄膿(副鼻腔炎)など鼻疾患があり、経鼻ルートが難しいと思われる方
★出血傾向がある方(抗血栓薬内服を飲まれている方は、事前にご相談下さい)

■検査内容
① 検査を安全に行うため問診票にお答えいただき、説明後、同意書にご記入いただきます。
② 検査前に胃の粘液をよく落とし、検査精度を上げるため、プロナーゼ加ガスコン水150mlを飲んでいただき、左側を下にし軽く背中を丸め膝を曲げた状態で横になります。
③ 鼻血防止と内視鏡を通しやすくするため、両鼻腔にプリビナ噴霧します(最低5分)。
④ 左右片鼻ずつ塞いだ状態で鼻呼吸をしていただき「通りの良い鼻」かどうか調べます。
⑤ リドカイン(局所麻酔薬)アレルギーの有無を確認し、鼻腔麻酔を行います。
⑥ 「通りの良い」鼻にキシロカインビスカスを注入します(最低2分)。この時、少ししみる感じがあります。ノドに液体が流れてきた場合は、飲み込んで下さい。
⑦ 鼻腔へ管を挿入し、胃、食道、十二指腸の中を観察します。

≪留意点≫
【検査前日】
★検査前日の午後9時以降は絶食してください。

【検査当日】
★検査当日は絶食していただきますが、朝コップ1~2杯の飲水は積極的に摂って下さい。
★麻酔薬でまれに、副作用の出現がみられることがあります。
★入れ歯は除く必要はありません。
★体を締め付けているものはゆるめて、全身の力をぬいて口から呼吸すると楽に検査を受けられます。
★濃い口紅はご遠慮下さい。
★検査中、唾液で服の汚れが気になられる方は、ハンカチかタオルをご持参下さい。

【検査後】
★検査終了後、のどの麻酔が1時間~1時間半は残っていますので、直ぐにうがい等はしないようにして下さい。
★痰が溜まりやすくなります。

★体調不良やひどい痛みがありましたら、来院するか連絡して下さい。

■検査所要時間
15分程度

■検査実施日
検査は予約制で、毎週火曜日と木曜日に行っています(ただし、緊急時は随時対応いたします)。

■備考
検査は早期発見が目的です。怖がらず、受けて下さい。

 

JRTラジオ 健康相談あなたの診察室

ピックアップ
ソフト食
認知症検査「DTナビ」
自動車運転シミュレーター

いちえ会関連施設

アクセス

ページの上部へ