免疫血清検査

■検査目的
病原体に対する抗体などの有無や種類を調べて、病原体の感染状況を調べます。腫瘍マーカーやB型肝炎、C型肝炎、梅毒などの検査を行っています。

■検査内容
駆血帯(血管を拡張させて採血をしやすくするもの)を使用して手を縛り、アルコール綿で消毒し、針を刺し必要量採血します。得られた血液を遠心して、血液の液体成分である血清を用いて分析します。

≪留意点≫
【検査前】
運動や食事の後はなるべく避け、朝食前の採血が望ましい。

 【検査後】
採血後は絆創膏を貼るまで、消毒綿の上から採血部位を強めに押さえてください。絆創膏を貼った後、5分以上ご自分で押さえるようお願いします。まれに止血後に血液が漏れ出てくることがあります。また、採決後30分間は採血した腕で荷物など重いものを持たないでください。

■検査所要時間
10分~50分

■検査項目
CRP  梅毒血液反応  HBs抗原  HCV抗体 AFP  CEA  CA19-9  PIVKA-Ⅱ

 

 

JRTラジオ 健康相談あなたの診察室

ピックアップ
ソフト食
認知症検査「DTナビ」
自動車運転シミュレーター

いちえ会関連施設

アクセス

ページの上部へ