ピロリ菌に対する検査

■検査目的
ピロリ菌を見つけるために行う検査です。当院では、患者さんの状態により、より適切な検査を行っています。

■検査内容
検査は個人の状態を医師が判断し、適切な検査方法を選択して行います。当院では、下記の3種類のいずれかを行っています。

1)内視鏡検査
 胃内視鏡検査を行う時に、胃の粘膜を採取し、特殊な液につけ色調の変化を目視にて判定したり、染色の色でピロリ菌がいるかいないか判断します。

2)尿素呼気試験法
 診断薬を服用し、服用前後の呼気を集めて診断します。

3)抗体測定
 採血し、ピロリ菌の抗体の有無を調べます。

■検査所要時間
 
1)内視鏡検査の場合:15分(結果判定まで約2時間)
 2)尿素呼気試験法の場合:院外に提出(結果判定まで1週間程かかります)
 3)抗体測定の場合:院外に提出(結果判定まで3~4日程かかります)

■検査項目
 
ピロリ菌の有無

 

JRTラジオ 健康相談あなたの診察室

ピックアップ
ソフト食
認知症検査「DTナビ」
自動車運転シミュレーター

いちえ会関連施設

アクセス

ページの上部へ