一過性脳虚血発作(TIA)について

2001.01.12 放送より

 これは、すなわちtransient ischemic attack略してTIAとも言いまして特殊な脳卒中とも言うべきものです.脳卒中では、普通、手や足に力が入らないとか、言葉がうまくしゃべれないなどの症状が起これば、何週間あるいは何ヶ月も続きます.

 ところがTIAは、ごく短時間、長くとも24時間以内に元通りに治ってしまうのです.すぐ治るので大したことはないと考えてしまいがちですが、実は脳梗塞の前触れのことがあるのです.つまり脳へ行く頚の部分の血管や脳の中の血管が動脈硬化などで細くなっていて、何らかの原因で一時的に詰まりかけたり、あるいは心臓や心臓近くの太い血管に付いていた血の塊などがはがれてその先の血管を詰めてしまったためなのです.運良く血の塊が溶けるなどして、血液の流れが再開通して後遺症も残さず治ればTIAと言うわけです.ちょうど何回も前触れのような地震を繰り返しているうちに大地震が発生するようなもので、TIAを経験したことのある人のうち約30%に脳梗塞がみられるという報告があります.ですからTIAを経験したらなるべく早く専門医を受診してその後に来るべき脳梗塞に対して予防してもらうことが必要です.

 

 それでは、どのような症状がみられたら要注意かと言いますと、歩く際によろけたり転びやすい、持ったものを落としやすい、字が書きにくい、箸が上手に使えなくなる、手足が振るえる、口の周囲や手足にしびれがでる、舌がもつれる、話しづらい、ものが二重に見える、目の前に見にくい部分が出来るあるいは片方の目が真っ暗になって見えないなどの局所的な症状のこともありますし、頭痛や頭の重い感じが続く、気が遠くなったり意識が無くなったりするといった全般的な症状のこともあります.勿論これらの症状が見られたからといってこれらの症状がすべてTIAを示しているわけではありません.

 例えば、単なる頭痛や肩こりだけのことや眼性疲労や白内障など目の病気あるいは老人性の振戦などのこともあります.これらが果たしてTIAなのか他の病気あるいは単なる疲れや体質のようなものかを区別する決め手となるのは、その症状が、内頚動脈と椎骨動脈といった脳の中へ行く血管の支配に一致しているかどうかであります.すなわち、TIAでは局所症状の場合、血管の支配領域に一致しますので、出来れば症状の残っているうちに専門医に診てもらえれば確かですし、症状が消えていても問診である程度は推測可能と思われます.

 次に、どのような人に起こりやすいかについてお話しいたします.原因としては、脳の血管が詰まりかけるわけですから、まず脳動脈硬化を起こす危険因子(リスクファクター)を持った人が危ないということになります.すなわち、糖尿病、高血圧、高脂血症、高尿酸血症など生活習慣病のある人、喫煙する人などは要注意です.これらに対しては脳血管にMRI撮影を利用した血管造影すなわちMRAという検査や頸動脈エコーなどで動脈硬化を調べることがある程度可能です.それから脱水も危険因子の1つです.また他の病気としてはある種の不整脈(発作性の心房細動などですが)や心臓弁膜症などの循環器疾患も心臓から血栓が脳まで飛んでゆきますので要注意です.これらに対しては、心臓の超音波検査により心臓内の血栓を確認することが重要です.

 治療はそれぞれの疾患に対する治療のほかに抗血小板剤などを使って血液を固まりにくくする治療が行われます.それ以外に誰でも出来ることとして生活習慣を改めることができますが、それには次のような点があります.すなわち血圧を定期的に測ること、精神的ストレスをためないこと、肥満を防ぐこと、睡眠不足や過労それに急激な運動をさけること、禁煙や節酒すること、寒さや冷えに注意すること、便通をよくすることなどです.また食事で大切なのは、減塩食を心掛け、良質の蛋白質は充分にとって動物性脂肪やカロリーを摂りすぎないようにすることといわれています.いずれもちょっと頭の痛いことばかりですが、気をつけたいものです.

 まだまだ寒さ厳しき折でもありますが、脳卒中の最大の的の1つは寒さであり、特に体の中と外の温度の差を起こしやすい時間が危険とされております.冬場は、起床する午前6時から7時台、外出やトイレに行く午前10時台、食事時の午後5時から6時台は最も注意が必要な時間帯といわれておりますので皆様くれぐれもお気をつけますようお願いいたします.

戻る

タグ:

JRTラジオ 健康相談あなたの診察室

ピックアップ
ソフト食
認知症検査「DTナビ」
自動車運転シミュレーター

いちえ会関連施設

アクセス

ページの上部へ