リハビリ

理学療法(Physical Therapy:PT)とは

理学療法士が行う理学療法は、物理療法(温熱療法・電気療法・牽引療法など)や装具療法なども含まれますが、運動療法が主となっています。例えば、起き上がる・座る・立ち上がる・歩くといった基本的動作を援助します。
また、各疾患に応じた評価・治療を実施していくことで、動作の改善や日常生活活動の維持・向上を図ります。
さらに、主に神経筋疾患や呼吸器疾患を対象として、呼吸リハビリテーションにも取り組んでいます。
疾患の種類や障害の度合い、全身状態などを考慮して、多種多様な理学療法を展開していきます。理学療法士は医師の指示の下、治療を実施していきますので、まずは医師による診察が必須となります。

■ 運動療法

運動を手段にして治療をします。
変形の予防・改善、関節の機能改善、筋力の増大、耐久性の増加、動作の改善などを目的とします。
方法としては、関節可動域運動、筋力維持増強訓練、耐久性訓練、協調性訓練、基本動作訓練などがあります。

■ 装具療法

疾患部の関節などを固定したり、支えたりするものを装着します。
関節にかかる負担の軽減、関節の安定性の向上、痛みの緩和などを目的とします。

■ 物理療法

温熱や電気などの物理的なエネルギーを利用する治療法です。痛みやしびれの緩和、むくみ、循環の改善などを目的とします。
種類には、温熱療法・電気療法などがあります。

■ 呼吸リハビリテーション

呼吸機能に障害のある方に対して、呼吸機能を改善させるために行う運動や援助のことをいいます。
呼吸筋のストレッチや呼吸介助、呼吸法の練習などを行います。

理学療法の対象

下記の印が、当院では主に理学療法の対象となっております。

リハビリテーション部理学療法作業療法言語聴覚療法
研修活動訪問リハビリテーション

JRTラジオ 健康相談あなたの診察室

ピックアップ
ソフト食
認知症検査「DTナビ」
自動車運転シミュレーター

いちえ会関連施設

アクセス

ページの上部へ