リハビリ

作業療法(Occupational Therapy:OT)とは

身体または精神に障害のある者、またはそれが予測されるものに対してその主体的な活動の獲得をはかるため、諸機能の回復・維持および開発を促す作業療法を用いて治療・指導・援助を行います。

作業療法の流れ

医師の指示のもと、身体・精神機能評価や患者様・ご家族からの希望や要望を聴取し、より良い日常生活を過ごせるよう、寝返り動作や起居動作、車椅子移乗、座位保持などに必要な動作指導や運動療法(主に上肢)、パワーリハビリテーションを行っています。
さらに、褥瘡(床ずれ)や関節拘縮予防のため、クッション等を使用し、ベッド上で快適な姿勢で過ごせるように、ポジショニングの指導や実施を行っています。また、要望を聴取する事が困難な方に対しては、文字盤や意思伝達装置(レッツチャット・伝の心)、特殊スイッチを導入し、コミュニケーション手段の検討・確立を目指しています。
その他、平成23年12月より、自動車運転シミュレーター(セーフティナビ)、ドライバーテストステーション(DTS)を導入し、自動車運転のリハビリテーションにも取り組んでいます。
このような訓練を日々継続して行う事で、生活の質(QOL)の維持・向上に努めています。

文字盤
文字盤
文字盤
意思伝達装置(レッツチャット)
文字盤
訓練場面(1)
文字盤
訓練場面(2)
文字盤
訓練場面(3)

自動車運転のリハビリテーション


自動車運転シミュレーター

ドライバーテストステーション

詳しくはこちら

リハビリテーション部理学療法作業療法言語聴覚療法
研修活動訪問リハビリテーション

JRTラジオ 健康相談あなたの診察室

ピックアップ
ソフト食
認知症検査「DTナビ」
自動車運転シミュレーター

いちえ会関連施設

アクセス

ページの上部へ